mealtime

全ての記事の一覧

在宅医療で大切な「食力」(中西 陽一 )

栄養が幸せのちからになる  在宅医療では様々な患者さんがいらっしゃいます。通院が困難となってしまっている患者さんが中心となるので、外出ができないことはもちろん自宅内での生活にも苦労していることが多いです。そのような患者さ […]

いつまでも口から食べて健康に ~見て、口にして心で楽しむ京介食の取り組み~(荒金 英樹)

はじめに  超高齢社会の招来とともに病気や加齢により食べる力が衰える摂食嚥下障害を持つ「患者さん」が急増、医療現場では大きな問題になっています。こうした経口摂取に問題がある「患者さん」に対して、病院では点滴や胃ろうに代表 […]

「微量ミネラル」の効果 (橋詰 直樹)

微量ミネラルについて  高齢者は、経口摂取量の低下や偏った食生活により、栄養素の摂取不足によって栄養素の欠乏に至る場合があります。栄養素の中てミネラルは酸素、炭素、水素、窒素の4つを除いた他の元素を呼び、特に微量ミネラル […]

食物繊維と腸内細菌 〜どうすればいいの?〜(藤岡 由夫)

1)はじめに  近年、食物繊維と腸内細菌叢(腸内フローラ)が注目されています。ヒトの腸には、総数で100兆個以上とされる腸内細菌叢(腸内フローラ)が存在し、数百種類以上の細菌から構成されています。腸内細菌叢(腸内フローラ […]

サルコペニアってなに?どうやったら予防できるの?(杉本 研)

サルコペニアって?  現在、日本の平均寿命は世界一ですが、それには死因となり得る病気が医療の進歩により治癒する割合が増加したことが関係しています。しかし、その一方で病気は治癒していても生活機能が低下して人の手を借りなけれ […]

腎臓を強くするための食べ物や食べ方(上月 正博)     

はじめに  腎臓は、食べ方の影響を特に受けやすい臓器です。わが国の慢性腎臓病(CKD)患者数は1,480万人で、国民の8人に1人が罹患する国民病です。しかも、70歳代の3人に1人、80歳以上の2人に1人はCKDです。そこ […]

低栄養対策に栄養と運動のコンビネーション(前田 圭介)

老年栄養という話題  高齢者の栄養問題は若い人の栄養問題と少し異なっていることが話題になっています。従来、栄養と聞けば「健康増進のためのバランスの良い食生活」「持病の治療に最適な特別な配慮をした食事」「栄養素サプリメント […]

楽しく食べて歩いて話すことが健康の源(岡田 晋吾)    

 私も還暦を過ぎて老後の生活が考えるようになってきました。毎日の外来や在宅の現場で診ている高齢の患者さんたちを以前よりも身近に感じる年頃でもあります。お元気な高齢者の方々から学ぶことはたくさんあります。 患者さんから学ぶ […]

心臓病の予防と治療のための食事(小笹 寧子)       

全ての心臓病の終末像-心不全  心不全とは、「心臓がわるいために、息切れやむくみがおこり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」と定義されます。一般的には、「生命を縮める病気」と言えば、癌のほうがよく知られており、心不全と […]

「脂」と「糖」と上手くつき合おう(栁内 秀勝)        

 脂肪や糖を過剰に摂取することは、肥満・メタボリックシンドロームに始まり、高血圧、糖尿病、心筋梗塞などの動脈硬化性疾患などを誘発します。しかしながら、「脂質」や「糖」の摂取を極端に控えるとことも健康被害の原因となります。 […]

日々の食事・栄養が超高齢社会の日本を救う??(吉田 貞夫)

日本は、世界でも最も高齢化が進んだ国  日本は、急速に高齢化が進み、世界でも最も高齢化率の高い国といわれています。日本の医療・介護スタッフは、日々、高齢者の患者さんに寄り添って、超高齢社会のさまざまな問題に立ち向かってい […]

元気に長生きするために(犬飼 道雄)          

 岡山で多くの公民館をめぐり、「元気に長生きするために~よく食べて・よく動く~」という講演をしてきました。参加される多くの方々は、“死ぬまで元気でいたい!どうしたらえんな?”と皆さんおっしゃります。  日本では、健康寿命 […]

無理のない食環境のチョイス(多田 紀夫)        

 健康維持を目指す方策を食生活に生かすため、2つの戒め(いましめ)を説くことで日頃、患者さんに接しています。その1つは「食行動」の戒めであり、もう1つは「食材選択」の戒めです。 「食行動」の戒めは、食事パターンを正して過 […]

低栄養・フレイル・サルコペニアの予防に役立つリハビリテーション栄養(若林 秀隆)

フレイル・サルコペニアとは  フレイルとは、生活機能が健常ではないが要介護状態やねたきりでもないという中間の状態です。歩行やトイレといった身の回りの動作は自分でできますが、家事の一部や仕事には介助が必要な状態です。フレイ […]

「時間栄養学」で「脳」を守り健康寿命を延ばそう(大和田 潔)

食物繊維の大切さ  私は脳神経内科医であり総合内科専門医です。写真(図1)は脳MRIの断面図ですが複雑なネットワークでできている脳はダメージを受けると回復させることができません。  健康寿命を延ばして「機能する体を維持」 […]

ポリフェノールの効能(近藤 和雄)           

 ポリフェノールなる用語は、1990年初頭まで一般にはもちろん専門家の間でも知る人は極めて少なかった。それが私の赤ワイン、ココアの摂取によりLDLの酸化変性を抑制するという研究成果をきっかけにして、赤ワイン、ココアの成分 […]

明日の若さと健康を守るミネラル「亜鉛」(西牟田 守)  

 食事中に含まれる必須微量栄養素(ビタミン類やミネラル)の働きが明らかになりつつあり、栄養素に関する新しい情報があふれています。ここでは、それらを正しく理解し、食生活に生かしてゆくために、ミネラル、とくに、微量元素につい […]

マグネシウムとタウリンは長生きの秘訣(横田 邦信)      

私のおススメ健康法 和食、洋食を問わず、一般に朝食は重要な栄養素を豊富に含むので、朝食は抜かない食習慣(1日3食)を基本にします。そして朝食をしっかり(少し時間を掛けて良く噛む)取り、3食とも主食、主菜・副菜をバランス良 […]